トップページ | 2006年2月 »

2006年1月

2006年1月30日 (月)

大変な4日間が終わった

いやいやPGAマーチャンダイズショーの大変な4日間がやっと終わりました。

4日間長かったような、短かったような感じでしたが、ホテルではちょっといろいろあって、来年はもうこのホテルに泊るのはやめようと思っています。

まず、チェックインの時に2枚のクレジットカードに別々にチャージされたことがわかり、クレームをしたけど1週間は返金がない。部屋に入ったらガンガンにクーラーがきいていたので、ヒーターにしたら空調設備が壊れた。最後にショーで集めたパンフレットをフェデックスで送ろうとしたら、担当が帰ったので今日は終了したなど、サービスは本当に最低だった。アメリカでは、低料金のホテルはサービスも悪いということはよく解っていたが、ここまでくると呆れるだけで、何もいえない。

明日は、朝7時のフライトなので、4時に起きてエアポートまでゆきま~す。

ロス着は朝の9時半ごろだから、そのまままた会社に出勤です。つらい。

もう少しなので、なんとかがんばりましょう。それではおやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月29日 (日)

3日目が終わった。

PGAショーの3日目が終了。時間が足りない。各ブースを訪れると話が長くなり、時間がどんどん過ぎてゆく。各メーカーの熱い説明を聞いていると楽しくなる。

「へ~、このアイテムにこんなに時間をかけたんだ。この商品本当に売れると思うのかなぁ」と考えてしまうのだが、皆さん一生懸命です。

嬉しかったのは、久しぶりにR.ベティナルディと再会したことだ。今年からミズノとのパターデザイン契約をしたとのこと、本人にハッピーかと聞いたら「ベーリーハッピー」と言っていたので、安心した。

メディアルームで昼食をとっていると、同じテーブルに着いた米国人記者達が必ず声をかけてくる。「コンニチワ、オゲンキデスカ」といったあとに「雨雨降れ降れ、かあさんが」と歌いだした。子供のころ日本にいたそうで、その歌を覚えていたそうだ。だけど意味を聞いたら「I don’t know.」ととぼけたことを言っていたので、大笑い。そんなことを大声で話していると、知らないおっさんが「コンニチワ」とまたまた声をかけてきて、ぜひ俺のブースに来てくれと誘われてしまう。メディアルームの昼食時は、アメリカ人と友達になれるので、面白い。

さて、明日は最終日もう一息がんばって、最後の速報をお送りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月27日 (金)

PGAショー

PGAショーの初日が始まった。最初は9時のアポイントのため、8時30分にホテルを出発する予定だったので7時に起きたが、よくよく考えるとロサンゼルス時間の4時。眠くてなかなかベッドから出られなかった。

ホテル前でショーが行なわれているコンベンションセンターまで出ているシャトルバスを待つが、なかなかこない。仕方がないので、眠気覚ましにホテルまでとことこ歩く 。

今年のショーはなかなか活気があるように感じた。

今日はアパレル関係を取材、カッター&バックスではアニカの取材に参加。

相変わらずアニカは感じが良かった。

アポイントの時間が30分ごとで、最後の5時までとにかく会場を歩いて歩いて、写真を撮りまくった日で、もう疲れた。

でも、まだこの状態が3日も続くので、最後までリタイヤしないでがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月25日 (水)

フロリダに着きました。

PGAマーチャンダイズショーが行なわれるフロリダ州オーランドに到着。

ロサンゼルスを朝の10時半に出て、約4時間半のフライトでしたが、3時間の時差の関係でホテルに着いたらこちらの時間でもう7時を過ぎていました。

飛行機の中は、PGAショーに行く人やディズニーワールドに行く人で満員。アメリカ景気はいいようですね。これから4日間PGAショーの速報をサイト上に掲載するので楽しみにしていてください。

今回初の試みなので、うまくレポートできるか、ちょっと不安です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月18日 (水)

撮影に参加

13日の金曜日に、某ゴルフメーカーのプロモ-ションビデオの撮影に出演しました。

13日の金曜日とはなんと不吉な日だなぁと思ったのですが、撮影は事故もなく天気もよく無事終了。

私の出番は、最初のティーショットと、フェアウエイからのアイアンショット。

ショットを決めた後にせりふが入ります。ティーショットのあとのせりふは無事に言えて、自分でも満足。

しかし、アイアンショットの後のせりふは、監督に友達言葉で興奮したような感じで、

「いや~、いつもより1番手違うよ。凄い飛ぶね。驚いちゃうよ。アゲンストの風にも強いね」

そんなせりふだったんだけど、興奮したような感じで言ったので、後で本当に恥ずかしくて、顔から火が吹き出た。

その夜、家で日本のドラマをビデオで見ていたら,役者の演技力を観察している

自分が可笑しかった。でも撮影はスターになった気持ちで楽しかったです。ハイ。

ティ-ショットの後にコメントを一言

(注:モデルは本人ではありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

“ものもらい”ができた

年があけて、先週末に今年の初ランドをしたんですが、結果は最悪でした。

もっと最悪なのは、右目に“ものもらい”ができたことです。 アメリカ生活28年目

ですが、多分アメリカでは初めての経験かもしれません。日本にいた時には

子供の時に何度か経験がありました。こんなもん子供ができることで、

なんでいい年した大人にできるんだと、ちょっとショックです。

きっと早朝ラウンド後、ちょっと眠かったから汚い手で眠い目を擦ったからでしょう。

いや~、凄くうっとうしくてイヤですね。右目が腫れて四谷怪談の“お岩さん”(古いかなァ? いや、それとも皆さん知っているかなァ?)見たいに醜い目となりました。

とりあえずスーパーマーケットに行って、目薬(Visine )とEye washを買って右目を

治療していますが、すこし腫れがひいたようです。それでも目薬をさすと痛くて沁みます。

知り合いが「治るまで、じっと待つしかないよ」といっていましたが,ゴルフは最悪,

週末まで仕事、そして“ものもらい”と耐えることばかりが、重なった週でした。

それでも“ものもらい”以外は好きなことなので、しょうがないか。

新年そうそう“ものもらい”ができたということは、ひょっとしていいことがあるかもしれないと、ポジティブに考えるようにしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

新年あけましておめでとうございます。

いよいよ新しい年となりました。今年より、耐える編集長という名でブログを始めますので、皆さんよろしくお願いいたします。

え~、私の人生耐えることばかり。 というより、耐える事が好きなのかもしれません。

だいたい大好きなゴルフも、1ホール1ホール耐えるゴルフをしているように思います。

本来はがんがんと“イケイケゴルフ”をしたほうがいいのに、なぜか耐えるゴルフになる。

日本人の性格なんでしょうか、それとも我々世代が耐えることが美学と教えられたからでしょうか。

なんでも、耐えようとする。

アメリカ人っていうのは性格なんだろうけど、アマチュアゴルファーでもやっぱり“イケイケゴルフ”。

今年は少しその精神を見習って、“イケイケ”を目指そうと思います。ただし、これはゴルフだけです。

仕事はやっぱり“耐える”ことになるので、タイトルはこのままにしておきます。

ロサンゼルスの新年は雨で幕を開けましたが、これは“雨降って地固まる”という意図をくんで、本年は昨年にも増して良くなることだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年2月 »