« 2006年4月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年5月

2006年5月25日 (木)

テーラーメイドTPボール

先週から発売になった、テーラーメイドのTPブラックとTPレッドの2種類のボールを試しました。

Black20ball1_2   TP ブラック 

Red20ball1_1   TP レッド

ブラックのほうがレッドに比べ若干硬く感じ、飛距離はブラックのほうが出るような気がしました。

しかし、気がする程度でブラックとレッド、それほど大きく変わるということはないと思いました。

弾道は、ブラックのほうが若干高いようですので、ボールを上げたいプレーヤーにはブラックがお薦め。

Tpblack1  TP ブラック

パターのフィーリングはレッドの方がソフトで、グリーン周りもレッドのほうがスピンが効いていました。

Tpred1 TP レッド

すでに、セルジオ・ガルシアがレッドのボールをツアーで使用しています。

パッケージデザインが良くて、使いたい気持ちになりますし、ボールのパフォーマンスはProV1と比較しても遜色ないので、かなり売れそうです。

ボールのカバーの材質は、ウレタンカバーですが普通のウレタンカバーより色が白い。

ウレタンカバーですから、販売価格が$55/dozenとちょっと高めですが、実際にショップで販売される価格は$45ぐらいです。

テーラーメードファンにとっては、試してみたいボールですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月12日 (金)

sonatecの New ウェッジ

2004年の全英オープンで優勝したトッド・ハミルトンが、Sonartecのユティリティ・クラブをフェアウエイや、グリーンまわりから使用してSonartec ブランドが一躍有名になったことは、Tee Up の読者であれば良くご存知だと思います。

そのSonartecから、今度はウェッジが発売されました。

Sonartecweb21_1

52°56°60°の三種類です。

モデル名は、プロトt35ウエッジ 。

試打した結果は、フォージドなのでソフトなフィーリング、yoyoグルーブという名のグルーブがスピンを効かせてよくとまります。

ヘッドはサテン仕上げでトラディショナルなデザインなので、上級者好み。

それとソールの形状が丸みを帯びていて振りぬきがよく、フェースを開いて使うことも簡単です。

Sonartecweb11_1

このウェッジ、なかなかかっこよくて、ファッショナブルなウェッジです。

来週は、話題となっているTaylarMadeのTP Red とTP Blackのニューボールを報告します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 9日 (火)

大学同窓会ゴルフトーナメント

ロサンゼルス地区では恒例の「南加大学同窓会ゴルフトーナメント」が、5月7日(日)にパサデナ市のブルックサイドG.C.で行われました。

この大会は南カリフォルニア在住者で、日本の大学を卒業した同窓生たちが集まり、ゴルフの対抗戦を毎年行っています。

各大学同窓会の上位5名のグロストータルスコアで競うこの大会は、今回で22回目です。

今年は、20の大学同窓会が参加し、140名以上がプレーしました。

今年の優勝は5年連続15回目となった我が日本大学同窓会が、1打差で明治大学同窓会をかろうじて下しました。(危ない、危ない)

3位にはなんと東京大学同窓会が昨年同様の順位で入賞です。

毎年3名から4名が70台でプレーする我が日大チーム。今年はユニフォームを着て戦ったのですが、70台はエースの金沢氏のみで、あとの面々は散々な成績でした。

まあそれでも優勝できたので、なによりです。

それにしても、自分の成績はひどかった。

歳のせいでしょうか、身体が硬くなり最近アイアンの飛距離が激減しています。

もう一度鍛錬して、来年はがんばろうと思っています。

Nihon11  15回目の優勝を遂げた我がチーム

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

藍ちゃん、次の試合に期待。

7週末フロリダ州で開催された「ジン・クラブズ&リゾーツオープン」で、最終日最終組でプレーした宮里藍プロは、残念ながらスコアーが伸びず5位タイで終了しました。

3日目10アンダーで一時トップタイになりましたが、18番で痛恨の4パットでダブルボギー。

その影響が最終日まで続いたのか、2番でトリプル、15番ダブル、そしてあの18番でもまたダブルボギーとしてしまいました。

最後の18番パーで上がれば単独4位で12万ドルぐらいゲットしたのですが、5位タイは7万ドルぐらいですから、あの2ストロークは5万ドルの価値でした。

試合後はめずらしく悔し涙を流したそうです。

それでも、LPGAツアーで初の最終日最終組でのプレーだったので、プレッシャーもあったでしょうし、勝ちたい気持ちも強かったでしょう。

この悔し涙が次のステップアップにつながると信じています。

今年、あのロレーナ・オチョアは2試合もプレーオフで負けて、3試合目の優勝争いは悠々と優勝を果たしました。

オチョアは、2回のプレーオフの負けでもめげずに優勝を目指してがんばったのですから、藍ちゃんもできない訳ありません。

今週はお休みだそうですが、この悔しい気持ちを次の試合にぶつけて欲しいですね。

ところで、今週お休みということは、オレンジカウンティのどこかの練習場か、日本食レストランに現れるのかな。次の試合に期待です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年8月 »