« ニューパター使用中 | トップページ | クラチャン負けました »

2006年9月26日 (火)

クラチャンでした

先週末の土曜日は、クラチャンのセミファイナルでした。

私が入会しているメンバーコースのクラブチャンピオンシップは、

初日がストロークプレーで上位8名が残り、次の3日間はマッチプレーです。

セミファイナルの相手は、初日イーブンーパーの72でプレーしたサウスポー

のアメリカ人で、なかなかの飛ばし屋です。

調子に乗ると怖いプレーヤーで、いちいち自分のプレーを説明する人で、

口数が多くなりプレー中うるさく気が散るので、私は苦手なタイプとしています。

この日は自分の調子が悪く、なかなか波に乗れず残り3ホールで3ダウン

16番がドーミーホールになってしまいました。

相手は調子に乗り、この試合勝ったという感じで余裕を見せていました。

なかなか自分のほうに流れがこなくて、何かきっかけがあれば取り戻す

ことができるのにと思っていましたが、とうとう追い込まれてしまいました。

しかし、ドーミーホールの16番パー5で流れが変わりました。

相手が、2メートル弱のパーパットを外し2ダウンとなり、次のパー3に

持ち越されたからです。

私は、次のホールで2メートルにつけてバーディ奪取、1ダウンで18番に来ました。

相手のティーショットは残り200ヤード地点、自分の2打目はピンまで上り220ヤード、

3ウッドで放ったボールは改心の当たりでピンハイ2.5メートルに乗りました。

相手は、2打目がショートしましたが、3打目を1メートルにつけ確実にパーです。

バーディパットを入れないと、私の負けが決定しますが、このパットを

沈めマッチイーブンにして、プレーオフとなりました。(これは痺れた~)

プレーオフの1番は、相手が1メートルのパットをはずしてチャラ。(救われました)

2番のパー3では私が7メートルに1オン、相手はバンカーに入れて、

そこからオーバーしてピンまで10メートル。

この勝負ついに「勝った」と思ったのですが、相手はなんとこのパットを

ねじ込みパーで上がりました。(凄い根性だ~)

約7メートルのバーディパットを外せば、次のホールです。

スライスラインを読んで、「お願い、入れ」と打ったボールはカップの

真ん中からストンと入るバーディでとうとうやりました、勝ちました。

やはりこの瞬間は、右手こぶしでガッツポーズが出てしまいました。

これで明日はクラチャンのファイナルだ~。

|

« ニューパター使用中 | トップページ | クラチャン負けました »

ゴルフライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016826/11715628

この記事へのトラックバック一覧です: クラチャンでした:

« ニューパター使用中 | トップページ | クラチャン負けました »