« 3DXハイブリッドアイアン | トップページ | がんばれ、山口千春プロ! »

2006年9月 6日 (水)

最高の試合だったTEE UP Junior Challenge

今年から弊社は、AJGA(American Junior Golf Association)が主催する
ジュニアトーナメントの1試合の冠スポンサーを行うことになりました。

9月2日から4日にかけて、カリフォルニア州サン・レモンにある
「ザ・ブリッジス・ゴルフクラブ」で大会の幕が開きました。

Renge1_2 早朝6時にオープンのレンジ

スポンサーの招待枠で、8月31日に東京の杉並学院高等学校から16歳の
薗田峻輔君
が渡米、女子はハワイ在住の16歳の金子絢香さん、そして
弊誌で連載している「板村親子のアメリカ奮戦記」でおなじみの13歳の
板村恭兵君
が大会に出場。

恭兵君は、3つから4つ年上のプレーヤーに挟まれ健闘しました。

この歳の子供達の体力差は大きく、飛距離がかないません。

Kyohei1_1  必死に戦った恭兵君

初日はまずまずでしたが、2日目に大きく崩れ悔し涙を流しました。

それでも、3日目は歯を食いしばってプレーするその姿に我々も
心の中で「がんばれ、がんばれ」と声援を送っていました。

この悔しさを次の大会でぶつけて欲しいですね。
   

  Kyohei2_1   恭兵君(中)のスタート前

絢香さんは、12歳からハワイに移住して、今年のLPGA「武富士クラシ
ック」で1日目宮里藍プロと同組でプレー
して注目され「全米ガールズ
ジュニア」、「全米女子アマ」に出場して、今年はアメリカの女子アマの
大会で大活躍しました。

Ayaka2_1 絢香さん(右)初日の組

9月1日に「ジュニア・アマ」というイベントがあり、ジュニアとアマ
チュアがチームになりプレーしました。

我々の組に絢香さんと峻輔君が入り一緒にプレーしましたが、絢香さんは
16歳とは思えない落ち着いたプレーで、正確なアイアンショットがピンに
絡んできます。

結果は、ニュースでお解りのように、絢香さんは、通算2アンダーで2位に
9打差の大差で優勝しました。

いやいや凄いプレーヤーです。これからもアメリカの大会で活躍する
ことでしょう。

将来はLPGAツアーでプレーする姿をぜひ見たいものです。

Ayaka4_2 AJGA初優勝の絢香さん

峻輔君は、中学時代オーストラリアに2年間の留学経験があり海外志向
が強い子です。

Shun1_2 峻輔君の初日

平均290ヤードのドライバーを飛ばしで、そのパワーはもうプロ並みです。

「ジュニアアマ」の時に、ドライバーのパワーを炸裂していましたが、
フォローの風が吹いていた350ヤードあるミドルホールで果敢に1オンを
狙いました。

ちょっと右にプッシュ気味に飛んだボールは、グリーン横のバンカーに
ダイレクトに落ちてみんなを唖然とさせました。

スウィングもいいし、陽気で強気で攻めるプレー振りはもうマインドが
プロと同じで本当に凄い子です。

特に、峻輔君の2日目と最終日のプレーが凄かった。

2日目は前半2つO.B.を出して42と乱れましたが、後半の14番を終えて
その日のスコアが5オーバーでした。

そこで私が「残り4ホールだから4バーディね」と声をかけたら、15番、16番、
17番と3ホール連続でバーディを奪取。

最終ホールは惜しくもパーでしたが、後半は32でプレーし3位タイで2日目
を終了。峻輔君の集中力にはたいしたものだと思いました。

そして、その集中力が最終日にも見られました。前の日に一緒に夕食を食べ
たときに最終日の作戦を話していたら、前半はとにかくボギーを叩かない、
静かにプレーしてイーブンが目標、後半にチャージする作戦でした。

その通りで前半は1バーディ、1ボギーのイーブンパー、後半に入り10、12、
15番でバーディをとり、通算イーブンパーで単独首位に立ちました。

Shun5_2 330ヤードドライブの峻輔君

17番のティーグランドに向かう途中、「優勝しますよ。スピーチ考えて
おいてくださいよ」とキリッとした顔で私に一言。

それが良くなかったのか、ティーショットを左に引っ掛けてブッシュの中。

結局、17番でダブルボギーを叩き、首位タイとなり最終ホールバーディを
とらないとプレーオフになるケース。

しかし、ここでも凄い集中力を見せ、18番のティーショットは3ウッドで、
2打目の残りは上りで165ヤードを、8番アイアンで果敢に攻め、
ピンそば1メートルにつくスーパーショット。これを沈めて優勝が決まりました。

いやいやこれには本当に感動しました。

弊社がスポンサーした第1回目の試合で、日本人のジュニアが男女優勝する
なんてほんとうにラッキーでした。

最年少で参加した恭兵君も悔し涙を流して必死に戦いました。

スコアが悪くても、彼が一生懸命戦う姿を見て、この経験がきっと成長につな
がることを信じています。

34_1  男女上位入賞のジュニア達

薗田君、金子さん、板村君 感動をありがとう。

|

« 3DXハイブリッドアイアン | トップページ | がんばれ、山口千春プロ! »

ゴルフライフ」カテゴリの記事

コメント

「杉並学院ゴルフ部監督ブログ」

現在のパスワードは

「suginamigakuin」

です!

薗田がお世話になりました!
  

投稿: 杉並学院ゴルフ部監督 | 2006年9月11日 (月) 01時16分

ホーチミンの賢治さんからのメールで知り
野田市在住なので自転車で応援に行ってきました。石田君はパットに苦しんでましたが、薗田君はただただ驚くばかりの力量で、見事な優勝でした。浅地君のティーショットも見ました。宇佐美君と中里君は残念ながら見落としました。教え子たちのこの活躍ぶりは、監督冥利に尽きますね。ますますのご活躍を期待しています。

投稿: 小松忠義 | 2007年6月 7日 (木) 23時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016826/11715625

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の試合だったTEE UP Junior Challenge:

» 祝!  優勝! [ゴルフ部監督のblog]
 まさに  ビックリ仰天!  カリフルニア州サンレモン市で行われた    「AJGA TEE UP JUNIOR CHARENGE」で    SS君が見事優勝を果たしました!   ちなみにAJGAとは「全米ジュニアゴルフ協会」     http://www.ajga.org/    アメリカ最大の大会を運営しています。    その公式戦での勝利!  詳細は以下HP  http://www.teeupgolf.com/dev/index.php  海外の経験を多く積んだ成果か、まった... [続きを読む]

受信: 2006年9月11日 (月) 01時10分

« 3DXハイブリッドアイアン | トップページ | がんばれ、山口千春プロ! »