« 腰が痛い | トップページ | 倉本プロにインタビュー »

2006年10月19日 (木)

ゴルフの調子

先週から腰が痛くて週末のゴルフは最悪になりそうだとブログに書き、渋々プレーしましたが、なんと意外とゴルフの調子がよくて驚きました。前半は腰をかばって打ったので結構叩きましたが、後半に入ると痛みが和らぎ調子がもどるという内容でした。

ゴルフ仲間が16名集まるトーナメントで、私は幹事なので忙しく、スタートする前はパターを少し練習しただけで、1番のティーグランドでストレッチをしてスタートしました。最初のショットはナイスショットでしたが、腰をかばって打ったので距離はさほどでませんでした。

腰の様子を伺いながら、ごまかしごまかしで、それでも5番を終わって1オーバーと結構いい調子と思いましたが、次のホールでトリプルをたたき、前半は42と荒れました。後半は、最後の18番でボギーとなり38、トータル80でなんとかプレーしました。

腰が痛いのに、次の日もゴルフの予定があったのでプレーしました。前半は40で、後半は最後の4ホールをバーディ、パー、バーディ、バーディで上がることができ、なんと1ボギー3バーディで2アンダーの34、トータル2オーバーの74でプレーできたので自分でもびっくり。

腰が痛いにもかかわらず、スコアがいいのは新しいアイアンを試しに使用しているからでしょう。

そのアイアンは、アメリカに進出して2年目となる「フォーティーンゴルフ」のフォージドアイアンTB1000です。マッスルバックのアイアンで難しそうですが、見た目よりはやさしくて打感が非常にソフトです。

Pop_img_tb1000_back_2 Fourteen TB-1000 Forged Iron

軟鉄でマッスルバックデザインのブレードアイアン、打感がソフトで最高です。

シャフトもダイナミックゴールドのS200が装着されているので、扱いやすくとてもショットが安定しています。

私は背が高いので、通常ライ角を2度アップライトにしないと使えません。このアイアンは軟鉄なので、簡単にライ角を変えることができます。近くのゴルフショップに行って自分で調整しました。8番7番アイアンのショットが最高で、OKバーディが2つ出ましたし、同じくフォーティーンのパターがよく決まっているのもいいスコアに結びついています。

TB1000アイアンは、ヘッドの抜けがよく、打感がソフトで、インパクトの音も好きです。しっかり打ち込んだときは、綺麗な弾道で飛んで、飛距離は7番で150ヤード強で、距離がのびていると思います。

Img_2176_2 上が7番、下が8番アイアン

フェース面にボールの打った跡が残り、なかなかいい感じになります。ヘッドの抜けがいいアイアンです。

調子がよくなっているので、いいスコアがでるように思いますが、腰の爆弾が破裂しないことを祈るのみです。

|

« 腰が痛い | トップページ | 倉本プロにインタビュー »

ゴルフライフ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016826/11715631

この記事へのトラックバック一覧です: ゴルフの調子:

« 腰が痛い | トップページ | 倉本プロにインタビュー »