« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月20日 (月)

藍ちゃんをもっと映して

LPGAツアーの最終戦「ADTチャンピオンシップ」で宮里藍選手のツアー初優勝を

期待していたファンは多かったと思います。残念ながら4位タイで終了しました。

初日、2日目とトップを維持して、3日目はアンダーがでませんでしたが、それでも

4位で最終日の8名に残れました。

この8名に残ったことも凄いと思いますが、ここまできらた優勝して欲しかったですね。

ところで、この大会をアメリカでテレビ放映したゴルフチャンネル、3日目トップで

スタートした藍ちゃんを写したのが2時間の放映時間の中で確かたった2回だけ

藍ちゃんはすでに最終日に残れるプレーヤーだから多分映されなかったので

しょう。8人目のぎりぎりラインにオチョアと、クリーマー、そしてガルビスがいたので

そちらを映すのはいたしかたないとしても、少なすぎる。

藍ちゃんの活躍を見たいと思っていたファンはさぞがっかりしたでしょう。

最終日もチャンネル4で放映した画像で、藍ちゃんが映されたのはわずか1回という

ことでした。これには「人種差別か~」と叫びたくなるようで、おとなしい日本人は

映さなくても文句は言うまいということでしょうか。まったく腹が立ちます。

私のゴルフ仲間も皆この放映にはブツブツ言っていました。このブログを呼んだ

アメリカ在住の藍ちゃんファンもきっと「そうだ~」と思っているでしょう。

藍ちゃんだけでなく、他の選手も映されなかったのだからトップを争っている

プレーヤーに集中したということでしょうが、「それでも8名しかプレーしていないのだ

から、何とかならんのか」と言いたいです。

アメリカのテレビ放映は、愛国心が強すぎるところがあると前々から感じていました。

オリンピックでも自国の選手の活躍だけで、アメリカが弱いスポーツはほとんど

映さない。ワールドカップサッカーもメジャーTVでは映さない。

もう少し広く公平に放映できないのかと思います。

来年は、きっと藍ちゃんを何回も映さなければならないことになるでしょう。期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月17日 (金)

ラストスパート、藍ちゃん

米国LPGAツアーの今季最終戦「ADTチャンピオンシップ」がフロリダ州ウエストパーム

ビーチで行われ、初日68、二日目69で宮里藍選手がトップをキープしている。

最終戦の優勝賞金100万ドルのビッグな大会で、今季新人ながらトップに立っている

藍ちゃんはさすがビッグプレーヤー。凄い凄い。

今大会は賞金ランキングの上位32名が参加、二日目終了して16名に絞られる

試合方式。

二日目が終了して、なんとあのアニカ・ソレンスタムが16名に入れなかったのには

びっくり。これにより、アニカの今季賞金女王はなくなった。

三日目でさらに8名にしぼられ、優勝賞金100万ドルは4日目の8名で争われる。

もし、藍ちゃんがこの大会に優勝すると、賞金ランキング5位以内に入る可能性が

高いので、ぜひここまできらた優勝を狙うしかない。

しかし、怖い存在のカーリー・ウェブが上位にいるし、現在2位の新人ながら確実に

賞金を獲得してるフリエタ・グラナダもいるので安心できない。

もしウェブが優勝したら、現在賞金ランキング1位のロレーナ・オチョアの賞金女王

の座も消えてしまうので、エキサイティングな試合になりそうだ。

三日目のプレーしだいだけど、藍ちゃんには最終日最終組でスタートして、ぜひ

ビッグタイトルをとって欲しいものです。

それと、日本の「ダンロップフェニックス」でタイガー・ウッズが2日目にトップに

立って、3連覇の可能性が高くなった。この試合も面白そう。

今週末は、アメリカのゴルフチャンネルで「ADTチャンピオンシップ」と「ダンロップ

フェニックス」の大会を放映するので、テレビ放映から目が放せません。

がんばれ、がんばれ、がんばれ、藍ちゃん。最後の最後で優勝だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月10日 (金)

ボールの話

皆さん、10月30日の「あややの旬なお話」を読みましたか。

やっぱり、時間を間違えたでしょ。面白い話でしたね。私の予感が的中しました。

しかも、弊社の社員だということが凄いですね。ハイ。

ところで、前回のブログ更新から、あっという間に1週間が経ちました。

風邪でダウンしてからゴルフの調子は最悪です。練習しても身が入らないし、

クラブが重く感じてしまい気力と体力がなかなか回復してくれません。

何か刺激が欲しいです。刺激が........。

そういえば、全然関係ない話ですが、以前米国を代表するトップゴルフボール

メーカー T 社のボールを久々に使用しました。

そのボール、あるイベントで頂き、久しぶりに使用したけど、なかなかいいボールだ

と感じていました。皆さんが使っているのは解るな。

フィーリングもソフトだし、ボールもしっかり飛んでいました。しかもタダだし。

ところが、次のボールを使ったときに異変に気づきました。

ティーショットしたボールがスライスしたのに、途中でこんどは左に曲がりながら

真直ぐ飛んでいったのです。「なんだ、あの飛び方は?」

「でもラッキー、フェアウエイに残ったぞ」とそのホールは結果が良かったので、

ボールに泥が付着したのかなと思っていました。

しかし、その後2ホール目のティーショットでこんどは、真直ぐ飛んだボールがいきなり

ドロップしてしまい、距離も出ていません

ここで初めてボールに異変があったことが解りました。

ボールのカバーには異常が見られなかったので、ボールのコアが割れたのかと

思いました。

私のパワーが炸裂して、コアを割ってしまったか、ふふふ。まだまだ、俺もいけるぞ。

しかし、某ボールメーカーの方に聞いたところ、ペイントのむらがあるとよくそのような

飛び方をすることが解りました。「あれ、そうなんですか」と私。

大量生産されているボールだから、たまに途中の検品作業で引っかからず、質の悪い

ボールが販売されてしまうようです。

昔、糸巻きボールを使用したときは、よくボールがおかしな飛び方をしたことが

あったのを思い出しました。アイアンでトップしたら、ボールがパックリ割れてピース

マークのようになったことを。そのボールを打つと変な飛び方をしました。

現在では製造技術も進んでいるし、検品も厳しくなっているはず。それでもそのような

ボールが販売されることがあるんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月 2日 (木)

今度は風邪にやられました。

先週末からアメリカはディライトセービングになりました。今まで、夜の5時だったのが、

6時に変更です。先週は6時過ぎまでゴルフができたのが、今週からは5時頃にはもう

暗くなるので、早くスタートしないと18ホール回れません。

この時間は10月最後の日曜日の朝2時に時間が変わり、その時に1時間戻します。

この日曜日の朝早くトーナメントがあると、必ず時間を間違えてくる人がいます

「集合時間なのに、まだ誰もいないけど大丈夫?」と携帯に電話が掛かってきて、

「冬時間に変わったの知らないの」と言い返すと、その人は「あっ!」と絶句して、

皆が集まるのを1時間辛抱して待つことになるんです。

時間が遅くなるのは、まだいいのですが。これが夏時間になると1時間早くなるので、

起きる時間を間違えるともう大変「スタート時間に間に合わない」ということに

なって、大慌てでゴルフ場に来て、みんなにからかわれます。

アメリカに長く住んでいると、この時間の失敗を犯して、笑い話のネタによくなります。

今週は、この時間のトリックには引っかからなかったのですが、火曜日の朝3時頃と、

夜明け前の6時ごろ突然おなかが急行列車になりました。

朝起きたときには会社に行くどころか、ベッドからも立ち上がれない状態。

昨日の夜に食べた物にあたったかと思ったのですが、頭が痛くなかなか回復しな

かったので、風邪にかかったと判明しました。

今までは、風邪にかかった前兆とか、「ちょっと風邪っぽいな」などと気がつきま

したが、今回は突然の腹痛から始まったので、風邪だったと解ったときはかなり

ショックでした。

ストマックフルーという風邪もありますが、いままでと今回は全然違う感じ方なので、

歳とともにそうゆう判断も悪くなるのかとがっかりしています

ベッドでうなっていると、やはりゴルフができる健康体が一番だと思いました。

皆さんも季節の変わり目ですので、お気をつけて。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »