« トーナメントでの写真撮影 | トップページ | LPGA最終戦 »

2009年10月30日 (金)

池田勇太プロ、賞金ランキングトップ

日本ツアーは先週「ブリヂストンオープン」が開催され、池田勇太プロが最終日

7アンダー65でプレーし、今季4勝目をあげました。優勝賞金3000万円を獲得し、

前週までトップの石川遼プロを約960万円の差をつけて賞金ランキングのトップ

に立ちました。

「ブリヂストンオープン」が開催された袖ヶ浦カンツリークラブは、池田プロの実家

から近距離で、小学生のときにこの大会を観戦して、将来プロになりこの大会に

勝ちたいと思ったそうです。

また、この大会のスポンサーであるブリヂストン社は池田プロがゴルフ道具契約

をしていることもあり、ぜひとも勝ちたいと思っていたことでしょう。そして、手の甲

の痛みにも負けずに優勝したガッツは素晴らしかったですね。

池田プロといえば、2007年にカリフォルニア州ランチョ・サンタ・マルガリータ市に

あるティヘラス・クリークG.C.で開催された日米学生対抗戦のキャプテンとして出場。

最終日のシングルマッチで池田選手が勝てば日本チームの勝ちという場面、

最終18番で池田選手1アップ、ティーショットはど真ん中、2オンしてバーディチャンス。

相手の米国選手はフェアウエイバンカーに入れて2打目を出すだけで、ほぼ

日本チームの勝利かと思われました。しかし、米国選手の3打目がカップイン

してバーディとなる大ハプニング。

プレッシャーがかかった池田選手は、バーディパットをはずして引き分けとなりま

した。日本チームは勝利を逃し、泣き崩れる選手が続出、とくに最後のバーディ

パットをはずした池田選手は悔し涙が溢れていました。

Yuta1

最後のパットラインを読む池田選手と監督(写真をクリックすると大きい画像になります)

ところが、大会は引き分けの場合3日間の総合ストロークの合計

で勝敗をつける規定で、なんと引き分けかと思われたのが、

総合ストロークで日本チームが米国チームより少なかったので、、日本チームの

勝利となりました。

この勝利を確信したとき、日本チームの選手は悔し涙から、勝利の歓喜の涙に

代わり、池田選手はチームメイトと肩をだきあって号涙しながら喜びを分かち合っ

ていました。日本チームの監督が、池田選手が所属していた東北福祉大学ゴルフ

部の監督であったこともあり、なおさら嬉しかったようです。

Yuta2

この状況を見たとき、池田選手はなんと熱い選手で、人をひきつ

ける魅力のある選手だろうと思いました。

日本では、すでにアマとして活躍していたので有名な選手でした

が、きっと将来は素晴らしいプロになるだろうと確信しました。

Yuta3

その池田プロが、2007年プロに転向しツアー2年目の今年大ブレ

ークしました。石川遼プロとは違うタイプのゴルファーですが、

日本ツアーを背負って立つプロに成長しました。

池田・石川の若い両プロが凌ぎあい賞金王争いをして、日本のツアーを盛り上

げて欲しいし、それに刺激をうけてどんどん若い選手がツアーに参加すれば、

日本のツアーレベルが上がってゆくことでしょう。

Yuta4_2 Yuta5_2

|

« トーナメントでの写真撮影 | トップページ | LPGA最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1016826/31996438

この記事へのトラックバック一覧です: 池田勇太プロ、賞金ランキングトップ:

« トーナメントでの写真撮影 | トップページ | LPGA最終戦 »